そうだタコを釣ろう!

釣り







 夏がイメージのタコ釣りですが、
実際は、冬や春でも行うことはできます。
夏は数を多く釣れますが、春や冬はあんまり釣れません。
ただし、大型のタコが釣れる可能性が高いです。

 では、タコ釣りの仕掛けと釣り方についてご紹介しています。
昔は、タコ釣りと言えばの太いロッドに太いラインを使っていました。
しかし、専用ロッドが登場してきました。

基本的には、エギでの釣り自体もどのようなタックルでもできます。

ただし、ゲームフィッシングとして楽しみたいのなら、専用のタックルを揃えた方がよいです。

いろいろな種類の仕掛けがあります。

エギは多い方が安心。

カラーは、いろいろ用意しておく方がよいです。

タコスッテタコジグで釣ってもよいです。

リールはこれ!

PE4号50M付!

自分で太めのPEラインとリールを別々に用意するのは面倒って人は、これをお勧めします。

最初からセットになっているのと値段がリーズナブル!


釣るポイントは?

おすすめは堤防の壁際です。

他にも波止の付け根や先端、カケアガリがおすすめ。

冬は、水温の低い浅い場所より深場を狙うようにするとよいです。

最初は、堤防の壁際から始めましょう。

攻めるのは壁ギリギリがよいです。

壁際はだけでなく、そこに着く途中でも釣れます。

根がかりを防止するには海藻が生えている所より、少し(1Mくらい)離した方がよいです。

少し投げて底の変化を探りながら釣るのもよいです。

手前の次は、広範囲を探ります。

タコは動きが鈍いときは、あまりにも激しく誘い過ぎるのはNGです。

ゆっくり誘いをかけるだけで十分です。

ほぼ、ズル引きでよいです。

時々、シェイクを入れてやると効果的です。

仕掛けを浮かせないようにするのが、底に生息するタコに効果的です。


当たりがあれば、しっかり抱き着かせて合わせます。

大きなタコが掛かった時は、無理をせず、玉網ですくうようにします。

鈴を付ける!

音に敏感で、キラキラするものに興味を持つタコには、鈴がいい。

コメント